おまえってADHDじゃない?

おまえってADHDじゃない?

発達障害【大人のADHD,注意欠陥多動性障害】の30代社会人ほやすんたです。ADHDの特性ぽいよなあと思える診断前のエピソードや現在のことなどを4コマ漫画やイラストで書いてるブログです。Twitterアカウント→@hoyasunta

気持ちがいっぱいになったら特急電車みたいに動き続けるよ

f:id:tentekotekoteko:20170918223011p:plain

予想外に良い映画に出会ってしまった。

つい先日、前からちょっと気になっていた「新感染」という映画を観てきました。
前情報はゾンビ映画ってことくらいしか知らなかったのですが、観だしたら怒涛の展開と人間ドラマの嵐に圧倒され、そろそろドラマが終結に向かうのかな、なんて思っていたら裏切ってくるしで、最後の最後まで興奮しっぱなしに。
ゾンビ映画って良い意味のB級っぽい作品が多いイメージがあるので、そういうタイプの映画を観るつもりで行ったら、全く予想してなかったA級エンターテインメントで…ああ、本当に映画館で観ることが出来て良かったなあ。

映画を観ることが好きな割に、面白いと思っている映画を観ている時でも鑑賞中に全然違う事を考えてしまって、場面やセリフを見逃したり、聞き逃したりしてしまうことが、ちょこちょこあります。ですが、「新感染」を観た時はめずらしくほぼ全て集中して観られて、鑑賞後は映画のことで頭がいっぱいになっていました。
鑑賞後、次の予定まで時間があったので、喫茶店にでも寄るつもりでいたのに、興奮MAX状態になっていた私はなんだかいてもたっていられなくなり、どこにも寄ることなく、気が付くと、そのまま2時間くらい街をさまよい歩いていました(まるで私がゾンビ)。
高ぶった感情の逃がしどころがわからなくなった結果、体を動かすことで発散させたかったのだと思います。心の中は、どきどきそわそわがずっと続いていて、全く落ち着かずエンジンがかかりっぱなしのようになっていたのです。

今までを思い返すと、映画鑑賞の時に限らず、同じように感情が高ぶりすぎた後、いつのまにか沢山歩いているってことは何度もありました。嬉しい時のほかに、イライラしてた時、悲しい時、怒っている時など結構いろいろな場面で歩いています。
「どんな悩みも10キロ歩いたあたりでどうでもよくなる」みたいに思っていた時もあって、以前は頭の中が悩みでいっぱいになると意図的に2,3時間歩き続けていた時がありました。そうしてると、だんだんと落ち着いてきて、ようやくフラットな状態で冷静になれる感じがあります。
頭の切り替えが下手なので、そうやって解消させようとしている気がします。

そういえばADHDの問診で「不適切な状況で高い所に上ったり、走り回ったりするか」という項目があって、「子供ならともかく、自分にはこの症状は関係ないな」と思っていたんですけど、もしかして私が歩き回ってしまうのも、これと似たようなことなんじゃないかなあ?と思います。

大人と子供を行ったり来たり

f:id:tentekotekoteko:20170918225502p:plain

ADHDは精神年齢が実年齢より若くて、子供っぽいところがあったりする場合があると聞きましたが、私の場合、本当に子供みたいな話し方や振舞まい方になってる時があります。
主にどんな状況でそうなっているかというと、例えば、頭を使いすぎて疲れ切った後とか、心を許している相手と頭を使わない話をしている時、ただただ可愛い動物や映像などを見ている時、ぼーっとしてる時とかになりやすい気がします。
こういう時は人にどう思われるかとか全く考えていなくて、心の中にいるもう一人の子供の自分が喋っているようなかんじです。別に人格が変わったわけじゃないんで、自分は自分なのですけど、ただ確実に普段の自分と違う感じがあります。子供のようになってる時は複雑なことは考えないので、頭がとてもリラックスしているなあと思います。

これが本来の自分を突き詰めた姿なのかも、と思う一方で、色々考えてる時の自分もやっぱり素のような気もするので、どちらも本当の自分なんだと思います。子供から大人へ成長していく過程で、本来なら変わっていったり無くなっていく部分が残ったまま大人になってしまったのかもしれません。

そんな子供みたいな喋り方がつい人前で出てしまうと、「ぶりっ子」だと言われることがあるんですけど、私としては全くそんな気はないのです。

ただ自分の頭の中がゆるくなってるだけで、自分がかわいいと思われたいなんて気持ちは微塵もないのですが…。

改めてぶりっ子の意味を説明すると、女性が男性の前で無知なふりをして甘えて女らしさを出して媚びる姿を言うそうです。
おばさんのそうした姿と心理状態を想像するだけで恐怖じゃないですか。(でも私の姿がそう見えてるわけですから、恐怖を与えてることには変わりが無いのですけどね…)

 ちなみに前に「ぶりっ子じゃなければ何なのか」と聞かれたときに「ハイスクール奇面組の一堂零たちが大きくなったり小さくなったりするのと同じようなものだ」と言ったら、なんか腑に落ちたようでものすごい納得してました。
わかる世代が限られる例えですけど、ほかにこれより良い例えが今のところ見つからないんですよねえ。

文明の利器ばんざい!

f:id:tentekotekoteko:20170917111843p:plain

最近、スマホによって自分の生活力が上げられているなあと、しみじみ思います。

忘れん坊のエキスパートとしては、特にiPhoneのリマインダー機能は今や日々欠かせない存在になっています。
個々に項目を自由に入力して、指定の曜日や日時にアラームが設定できるので、毎日飲む薬の時間、宅配便の到着日、ゴミの日、月1の家賃支払日、半年に1回の使い捨てコンタクトレンズ受取日などなど色々な予定を入力しています。
こうして設定したアラームのおかげで今までついつい忘れがちだったことを思い出せるようになりました。
他にも習慣づけたい事とか目標のようなこととかも毎日決まった日時にお知らせするようにしています。こうしておくと自己暗示で身に付きやすくなる気がします、こういったことは本当にすぐ忘れてしまうので…。

また別のアプリでは、メモ代わりにカメラ機能をよく使用しています。
自分で書いたノートやメモのほか、印刷物などの情報として必要な部分だけ撮影して持ち歩いています。手帳を持ち歩いていた時もありましたが、荷物は軽くしたいし、手帳自体を忘れることもあるので止めました。そのまま写せるものはそうした方が書き間違えがないから安心です。

それとやっぱり地図アプリも欠かせません。方向音痴ですぐ道を間違えたりするので、今まで数えきれないくらい助けられています。

あらためて、自分が主に活用しているアプリを見直してみると、標準搭載されているアプリがほとんどです。ダウンロードしたアプリも結構使ってみるんですけど、いつのまにやら使わなくなってしまいます。(そして、そうしたアプリはそのまま放置され、私のスマホのホーム画面には荒廃したアプリ墓場が広がっています…)

ガラケーからスマホに切り替えたのは7年も前ですが、自分がADHDだとわかってからの方が、意識的にスマホの活用方法を考えるようになりました。
そうなってからの方が確実に生きやすくなったなー、と実感しています。
便利なものにあまり頼りすぎるのは良くないという考えもあるかもしれないけど、大人になっちゃったら時間と体力には限りがあるんだし、使えるものはとことん使っていった方が良いと思っています。

共感求めすぎてこわいよ

f:id:tentekotekoteko:20170913090122p:plain

前回のブログで犬好きの事を書いていて思い出したのですが、高校生の時にこんなことがありました。
親の答えはどう考えてもまともで、私が言ってることがおかしい。
この時に大号泣して、親に相当怒られました。そりゃそうだ。
そもそも質問が幼稚すぎて、親も困惑して説教もしたくなるのもわかります。

あの頃は、母親に対して依存が強くて、自分の好意のある人には自分と同じように好きなものを好きでいてほしい、共感したいという気持ちだったんだと思います。
この親に依存する気持ちは高校を卒業して実家から数百キロ離れたところで生活するようになって、なくなりました。
ただ、親離れはできたものの、他の人と気持ちを共感したいという気持ちは、大人になっても人より強い気がします。
人に自分の気持ちがうまく伝えられないとか、人間関係を繋いでいくことができないとかいう気持ちが常々根底にあるからだと思うのですが、相手との感覚の違いが原因で感情的になってしまうことがよくあります(最近は感情のコントロールが大分できるようになってきたので、少なくはなりましたが)。
結局の所、共感を求めすぎる自分は自己中心的なんだなと思います。
「人は人、自分は自分」というふうに自然に思えるようになりたい、がんばろ。 

犬が好き過ぎて記憶力が犬みたいでほんのちょっとだけ嬉しい

f:id:tentekotekoteko:20170907185309p:plain

犬が好きで好きでたまりません。今は飼えないので、代わりに犬の画像や習性などを検索しては、ニヤニヤしたり、「ほほう、ああいう時は犬はこんなことを思っているのね」などと犬への思いを馳せる日々を過ごしています。

ところで、犬の記憶力というのはとても短いものらしく、何か行動した10秒後くらいには、そのことをすっかり忘れちゃうらしいです。
だからボール投げなどをしていると、何回投げても毎回新鮮な気持ちで、めちゃくちゃ嬉しそうにボールを持ってくるんですね。
犬を飼っていた頃に、ボール投げをする度によくこんなハイテンションを維持し続けられるな…と思ったものです。

行動による記憶は短い一方で、感覚的な記憶(うれしかったことや嫌な気持ちになったなど)は、その時の環境や物などと関連付けながら覚えられるので、散歩用のリードを飼い主が持ってきたのを見ただけで狂喜乱舞したり、散歩していると突然立ち止まり、「こっちの道にはいきたくない」とばかりに全力でボイコットしだしたりします。

こんな犬の記憶力の話を聞いたときに、記憶の具合が自分に似ているな、と思いました。
私も行動したことはすぐに忘れてしまう一方で、感覚的に覚えていることが多く、どこかに行っても記憶はぼんやりとしていて、楽しかったり、嫌だったりした感覚で覚えています。また映画を観たりや小説を読んだ後、詳細はすぐに忘れてしまうんですが、行動の記憶と同じように楽しかった、怖かった、つまらなかったということだけが残っています。
ADHDは動物的感覚に優れているという話を聞いたことがありますが、もしかしたら、この記憶力の部分も動物的なのかもしれないですね。

ADHDの薬を飲んだら「頭の中」が整った

f:id:tentekotekoteko:20170903000936p:plain

薬を飲むようになって結構経ちましたが、飲む前に比べて「よくなってきたなあ、変わったなあ」と思うことは色々あります。
その中でも、私の場合、飲み始めた最初の頃の方に感じた変化がこれでした。
それまでは何事に置いても今まで自分が経験してきたことや知識などを活かして考えたり、経験した出来事を順を追って思い出したりすることがとても苦手でした。
よく言われるADHDの症状で部屋を片付けられないということがありますが、私の頭の中はそれと同じように散らかりまくっているようなイメージでした。
そんな状態から、必要な記憶を取り出して、さらに組み立てて考えたりするのは、大変な作業で、考えてるうちに他に気がそれてしまったり、疲れて寝てしまったりして、物事を深く考えることがなかなかできないのが日常でした。

投薬治療前は、考え事をしている時の頭の中を例えて言うなら『ひとつの箱の中に、いろいろな「記憶」が一緒くたになって、どこに何があるのか見当がつかないような状態』だったのが、薬を飲みはじめてからは『時系列でひとつの線でつながっている状態』に変わりました。
最初その変化に気づいたときは「劇的に頭がすっきりした!」というような感じではなくて、霧でかすみがかった風景がだんだんと見えてくるようでした。
実はそれまでは自分の思考のぐちゃぐちゃ具合を普通に受け止めていて、特におかしいとも思ってなかったのですが、自分の思考が変わったことでようやくその事に気づくことができたのです。

そして現在もその状態は維持できていて、前に比べたら考える事がかなり楽にできるようになりました。
ただ課題もまだまだあって、考えることはできても、その考えを更に幅を広げて応用したり、人に考えを言葉で説明したり、文章として形にしたり、さらに0の状態から発想したりすることはすごく苦手で、全然うまくできません。これは経験不足による部分が大きいと思っていて、なんとかできるようになりたいです。
それで少しでも練習になればと思ったのが、このブログを始めた理由のひとつです。
今のところは、文章がまとまってないこともしょっちゅうだし、ひとつの記事書くのに時間かかりすぎだし、まだまだというところですが、前はそもそも自分の言葉で長めの文章を構成するのが辛くて仕方なかったけど、少しマシになった気がします。
時間をかけて慣れていくことは苦手だけど、そこも含めて良くなりたいな、と思ってます。

寝つきが良いのが自慢です

f:id:tentekotekoteko:20170827093604p:plain

子供のころから兎にも角にも寝つきが良いです。
布団入って5分後には意識がなくなってる気がします。
でも寝つきが早すぎるのってあまり良いことじゃないらしいですね、気絶しているのと大して変わらないとか。
だとしたら私の今までの人生ほぼ毎日気絶してることになります。

そのせいか、たくさん寝てるのになかなか疲れがとれなかったり、日中もよく眠くなります。年がら年中眠いわけじゃないし、起きている時に意識はだいたいしゃっきりしてる方だと思うのですが、座ってる時、突然寝ちゃうことがあります。
どういう時に起こるかというと、スマホやテレビをなんとなく見てる時とか、逆に何かをすごく悩んで考えてる時とかに起こりやすいです。少し意識があやふやになってきて「なんかまぶた重いな…」と思った次の瞬間には意識が落ちてます。
手足のどこかや手先を少しでも動かしていたり、立っていたりすれば大丈夫らしく、体をまったく動かしていない状態で座ってるときが危ないみたいです。
なんでかははっきり理由はわからないのですが、ADHDの人が何かしら睡眠で問題があることが多いらしく、それと関係してるのかもしれません。
(子供の頃はもっと酷くて、授業中に先生に指名されて、起立して回答を考えている間に寝ちゃうことがよくあったのですが、それは幸い大人になってからは起きていません)
当然、家などで少し体を横にして休もうものなら、すぐにそのまま熟睡しちゃうので、今の時期は畳の上でついついそのまま朝を迎えがちです…。

家でのことはともかく、日中の眠気は困ってしまうので、昼寝を15分くらい取ったり、全く体を動かさない状態を作らないように意識したり、眠くならないツボを刺激するようにしたりと色々試して、多少は効果があったりするものの、なかなか改善が難しく日々試行錯誤中です。

寝るのは好きです。