おまえってADHDじゃない?

おまえってADHDじゃない?

発達障害【大人のADHD,注意欠陥多動性障害】の30代社会人ほやすんたです。ADHDの特性ぽいよなあと思える診断前のエピソードや現在のことなどを4コマ漫画やイラストで書いてるブログです。Twitterアカウント→@hoyasunta

迷いすぎて決められないよ

f:id:tentekotekoteko:20171121041555p:plain

友達との食事や飲み会、旅行で泊まるホテルなど、自分がお店を決めたりする必要がある時、悩みすぎてしまって、いつも決めるのに時間がかかりすぎてしまいます。
それでもようやくお店を予約して、参加する人にもうお店も伝えたにも拘わらず、後になって他のお店がどうしても気になってしまい、何か他の都合のいい理由をつけて別のお店に変えてしまうことも…。

誘っている人にも迷惑をかけるし、優柔不断すぎるから気をつけなきゃな、とは思っているのですが、いざそういう場面に直面すると、どれかに決めなきゃということで頭がいっぱいになってしまって、柔軟に対応することができなくなってしまうことが今まで多々ありました。

この人数だったら、こういう席が良いとか、ここのコースにはこの料理が入ってるのが気になるとか、この駅だと皆集まりやすいかな、でもちょっとわかりにくい場所なのが気になるなあ、地下だけど携帯電話つながるかなあ…とかいろいろなことが気になってしまい、なかなか決定できなくなってしまうのです。
それで一度決めた後も、「やっぱりあそこのあれがどうしても気になる」というようなことで気が気じゃなくてなってしまって我慢できずに店を変えるのだけど、またしばらくしたら後悔したりしてキリがありません。

でも結局のところ、どちらも悩んだ末に決めた店なので、どちらを選ぼうと結果は大して変わらないし、友達同士の軽い会なら、よほど変な店だったり、予算に合わない店じゃなければ、だいたいどんな店でも結果は楽しめるんですよね。
って、頭ではわかっているのに、いつも考えすぎてしまう…。

書いてて思ったけど、やっぱカッコ悪いから直したい。
次こういう機会が来たら、ずばっと決めよ!

首はそっとしておいて

f:id:tentekotekoteko:20171111090139p:plain

首を触られるのがとにかく苦手です。
くすぐったくて仕方がない。わきの下をくすぐられるのと全く同じ感じです。
急に手で触れられようものなら「あひゃあ」って変な声が出ますよ。
小さい頃からずっとそうなので、みんなそんなもんじゃないのかと思ってたけど、ADHDだと感覚過敏で服が触れる感触が苦手だったりするらしいのだけど、私のもこれなのかな。

小さい頃は自分で首を触るのすら苦手だったけど、今はそれはなくなりました。
ただタートルネックや美容室や歯医者で巻かれる首カバーとかタオルなどは、着けてる時の感覚を思い出すだけで鳥肌が立ってくるくらい今も変わらず大の苦手です…。
服だったら自分で選ばなければ良いだけだけど、首カバーは断るわけにもいかず観念するしかないのです。もしも全力で拒否したら他の方法もあるかもしれないけど、良い大人がそんな駄々をこねるのも恥ずかしいので、美容師さんやお医者さんにはすました顔して着けてもらいます。
カバーを着けた後は素知らぬ顔でいますが、カバーの下では、少しでもくすぐったさを軽減しようとカバーと首の間に少しでも隙間を作ったりして抵抗しています。そういう攻防をかれこれ20年以上も続けているのす。

時々理容室で顔剃りをしてもらう機会があるけど、くすぐったさが我慢できなくてウッカリ体を動かしちゃってカミソリでざくってことになりそうでひやひやです。
だったらやらなきゃ良いんだけど、たまに顔剃りするととっても気持ちいいし肌もつやつやするから、スーパー銭湯の理容室とかで顔そりあると頼みたくなってしまうんですよね…。スーパー銭湯の顔剃りって安いし、気持ちいいし…。

それも悪いことばっかじゃないなと思ってるところ

f:id:tentekotekoteko:20171105170528p:plain

私にあるADHDの特性の中で一番ひどいのが忘れん坊だというところだと思ってるんですけど、自分が今までどうにかやってこれたのもまた忘れん坊だったおかげかな、と思ってます。

ADHDと知って治療を始める2年前までは、山のような失敗をしていて、その度に落ち込んで、周りからは怒られたり、呆れられたり、迷惑をかけて身も心も縮こまるような思いも何度もしました。

それでもなんとかそれなりに好きなように生きてこれたのは、そんな失敗もすっぽりと忘れてしまって、何事もなかったかのように別の事にすっとシフトすることができたからのような気がします。(まあ、すっぽり忘れたせいで同じ失敗をまた繰り返してしまったりするんですけど…)

今は以前に比べたら、忘れることはあるものの、それによる失敗はかなり減って、だいぶ生活しやすくなりました。
だから本当に治療をはじめてよかったなあ、と思っているけど、この忘れん坊だったおかげで経験できた良いことも悪いことも沢山あるので、ADHDなんて知らないまま過ごしてきた時間もそれはそれでよかったな、と最近しみじみ思ったりします。

怪我の功名ってやつ

f:id:tentekotekoteko:20171030004039p:plain

先々週末にちょっと喉が痛いなーと思ってたのも束の間、次第に四六時中、咳が止まらなくなってしまいました。ちょうど仕事が忙しい時と重なったのと、熱が全く出てないこともあって3日くらい我慢したのち、ようやく病院に行って気管支炎と診断され薬をもらいました。

やっぱりすぐに病院に行かなかったせいで、悪化して薬を飲んでもすぐには効かず、ようやく今日になってほとんど咳が出なくなってきました。

この一週間は寝てる時に咳が出て何度も起きちゃうし、静かにしたい状況でも我慢できずに咳き込んだりして本当にいいことなかったな、と思ってたんですけど、最近太って履けなくなったズボンを今日履いてみたら、するりと入るではありませんか。

毎日丹念に咳き込んでたおかげで腹筋がついたのか、食べる量が普段より減っていたから痩せたのかは定かではありませんが、災い転じて福となすだなー、と思いました。

ちなみに咳は1回につき2カロリー消費するらしいです。そら痩せるわ。

おふろの悩みごと

f:id:tentekotekoteko:20171022061950p:plain

最初に自覚しだしたのは20才になったあたりからだったと思います。
お風呂に入ってる最中、気が付いたら寝てしまっていることがあります。
睡眠不足や酷く疲れている状態ならそうなるのも仕方ないと思うのですが、普通に睡眠もとっていて昼間に入浴したとしても、眠気を感じる間もなく眠りに落ちてしまいまます。
今まで何度か病院で聞いてみたこともあるものの、原因ははっきりしないまま。発達障害と関係があるかは定かではありませんが、発達障害は脳の血流量が、そうじゃない人と違っているらしいです。私の場合は入浴することで血流になにかしら影響が出ているのかもしれません。

だいたい寝てしまってから数分~十数分くらいで目が覚めるので、そのまま朝を迎えてしまうようなことはないので、それについては心配ないのですが、うっかり顔をつけようものなら溺れかねないのが悩みどころです。
シャワーだけで済ませたらいいのでしょうが、冷え性気味なのでシャワーだけだと体が全然温まらず、その日は眠りも浅い気がします。また入浴してる時は仕事の疲れやストレスが一番抜けていくように感じていて、どうにか入浴の楽しみは無くしたくありません。
なので、いかに寝ないようにするか日々試行錯誤中です。

最近取っている対策としては、
入浴する前に浴室全体をシャワーでよく温めて、お湯は腰上くらいまでしか貯めない。
入浴する時は熱めのシャワーをしっかり浴びてから入る。
入浴中はできるだけ体を動かす。
じっとしっている場合は浴槽の外に体を乗り出しておく。
ということをしています。

こうしておけば、顔がお湯に浸かることもないし、体もよく温まります。

不思議なのは寝ちゃうのは、1人で自宅のお風呂に入っている時だけで、銭湯だったら他に人がいなくても眠くなることはありません。自宅だとリラックスしすぎるのかな?
これがなんでか分かれば、寝ない方法も導きだせそうな気もするのですが…。

字が汚いのなんでだろ

f:id:tentekotekoteko:20171015201411p:plain

文字をきれいに書けません。特に気を抜いて書いている時は、特に汚くて時間が経過してから読み返すと自分でも読めない時があります。
人に渡す書類で、どうしても手書きでないとダメな時、なるべく丁寧に書いたつもりなのに渡してみたら「丁寧に書いてほしかったな…」と言われてしまったりすると「子供の頃からもっと気を付けてきれいにするよう頑張っておけばよかったな…」と思ったりもするけど後悔先にたたずです。

そんなことがあって、ある時、手書きで何かを書いている時の自分の姿勢がとても悪くなっていることが気づきました。最初は普通に書いているのですが、すぐにまるでものすごいド近眼の人のように紙に顔を近づけて書いているのです。
書くことに集中しようとするせいか、無意識のうちに目を近くに寄せてしまうみたいでした。

それで姿勢を正して書いてみると「やばい、こんなことに気づいてなかったのか…」という風に自分に呆れて唖然としてしまいました。それまで、紙との距離感が近すぎたせいで、全体像を見ないで書いていたことに気付いたのです。
書くことばかり集中して、俯瞰で見ようという意識がないため、文字や文章のバランスが全く見れていないので、きれいに書けなくて当然でした…。
文字が汚いこともさることながら、罫線のない紙やホワイトボードなどに書く時は、必ずやたら右斜めへ上がっていってしまうのも、全体を見ないで書いていたからだったのです。
たったこれだけ直しただけで、前よりきれいに書けるようになりました。
ただ、ちょっと気を抜くとすぐに紙の方へ吸い込まれて頭が下がっていってしまいますが。

ひとまず50記事

f:id:tentekotekoteko:20171012032006p:plain

今年の6月頭にブログを始めてから、ようやく50記事に辿り着きました。
更新速度としては相当遅い方だと思います。が、以前やっていたブログはなんと4年続けて更新したのはたったの15回だったので、それに比べたら成長したかなと…。

そもそも私は熱しやすく冷めやすく、その上忘れっぽいので、特に趣味的なことにおいてはなかなか継続することが難しい性分です。そんな人間なので、4カ月たっても一応更新を続けているのは珍しく、自分としてはちょっと驚きです。

ちなみに久々にブログを書き始めたのは理由がありまして、以前から想像して文章や絵を書くことがかなり苦手で、それが原因で困ることもあって、ブログを書いたりすれば少しは良い影響にならないかな、と思った事からでした。
ただいざ書こうと思っても想像力に乏しいので、書きたいことが全く出て来ませんでした。何か題材がないかと考えていくうちに、今の自分がいちばん悩んでることだったら書けるかもと思いあたりました。匿名とはいえ、悩み事を書き綴るのはどうかしら、と一瞬躊躇もありましたが、案外すらすらといくつか書けそうなものが思い浮かんだので、そのことに特化して書くことにしたのです。

現状のところ、書くことの練習にはもちろんなっていますが、ほかにもブログを始めて良かったことがありました。
2年前にADHDと診断されて以降、自分の特性についてはある程度理解をしているつもりでも、普段の生活の中で振り返ったりすることは余りありませんでした。ですが、改めてそういった事を書き起こしていくようになると前よりも明確に自覚できるようになりました。また、書く内容を探すために色々なことを思い返すので、当時はなんとも思っていなかった事の中に問題が隠されていたと新たに気づいたりして、その上でこれからはどうしていこうと考えるきっかけになったりもしています。そうした事は、始める前には思いもよらなかった良い副産物となっているなと感じています。

なので、とりあえずまだ書けそうなことがあるうちは、もうしばらく続けていきたいなと思います。
それなりにマイペースに。