おまえってADHDじゃない?

おまえってADHDじゃない?

発達障害【大人のADHD,注意欠陥多動性障害】の社会人ほやすんたです。ADHDの特性ぽいよなあと思える診断前のエピソードや現在のことなどを4コマ漫画やイラストで書いてるブログです。Twitterアカウント→@hoyasunta

知らず知らずのうちに相手を追い詰める戦法

 

f:id:tentekotekoteko:20170730173516p:plain

悪気はないんですよ、本当に。わざとやっているわけではないんです。
歩いていると、なんでかどういうわけか自分の思っている道筋とは微妙にだんだんとずれた方向へ進んでいってしまいます。
だから人と横並びに歩いている時などは、いつのまにやら道の片側へ一緒に歩いている人をずいずいと押し出していることがあって、時々それを指摘されては「あー、またやってたかー!ごめんなさいーー‼」って平謝りすることになります。
初めて人から、自分がそんな風に歩いていることを教えてもらった頃は「人と並んで歩いていると、人がいる方へ寄って行っちゃうのかな?」と思っていたのですが、ひとりで歩いている場合でも、すれ違いざまに人にちょっとぶつかってしまうことがちょいちょいあるので、そういうわけじゃなさそうです。
自分では、まっすぐに歩いているつもりなんですが…不思議といつのまにやらずれてしまっているようで…。
決して「気付かれないように道路へ突き飛ばしてやろう」とか企んでいるわけではないんですよ。逆に一緒に歩いている相手が好きすぎて近寄っていくわけでもないんですよ。

改めて、このことを書き起こして考えてみると、歩いている方向がずれていったら、自分の前方の視界が変わるからわかるように思うんですけど、実際歩いてる時はまったく気づけません…。なぜだ…。と、思ってちょっと調べてみると、ADHDの幼少期の症状でバランス感覚や運動能力に問題がある場合があるようなので、そのあたりが影響しているのかも、と思います。

歩き方にも癖があるようで、靴のかかとの一部分の擦り減り方が異常に早いので、靴の寿命が早いのも困りものです。
特にパンプスのかかとがヤバいです。
あんな小さなかかとは、すぐに潰れてしまって履けなくなってしまうので、しゅっしゅっときれいに歩いてる女性を見ると羨望のまなざしで見てしまいます。
だから普段はもっぱらスニーカー派です。
まあ、そのスニーカーもしばらく履いたら、かかとが減ってしまい、それを履き続けるものだから、歩き癖の悪さを助長しているような気が…。

大人になってもこんな感じなので、時々思い出しては、道路の白線などの上をずれないようにまっすぐ歩く練習をするようにはしています。
効果がどれほどあるかはわかりませんが、日頃思い出すようにすることが大切かなと。
歩き方自体が治らなくても、人にぶつかる回数は減らせてるんじゃないかと思っています。

広告を非表示にする