おまえってADHDじゃない?

おまえってADHDじゃない?

発達障害【大人のADHD,注意欠陥多動性障害】持ちのほやすんたです。 診断前のエピソードや現在の日々のことなどを4コマ漫画やイラストで書いてるブログです。 Twitterアカウント→@hoyasunta

1年前に縮んだセーターが元に戻って嬉しかった話

f:id:tentekotekoteko:20171220020429p:plain

1年前の冬、ウール100%のセーターを買いました。いろいろな服にも合わせられやすそうなデザインな上に、試着した時から着心地がよく「この冬たくさん着る機会がありそうだな」と結構気に入って購入したものでした。
ところが買ってから1度くらいしかまだ袖を通していなかった時に、なぜか自宅の洗濯機で洗ってしまいました。これが大失敗。(なんでそんなにすぐに洗うことになったのか理由は覚えていません…)

その年いちばんのお気に入りの服になったはずのセーターは、その1回の洗濯によってぱっつんぱっつんに縮んで子供服サイズのようになってしまったのです。
あまりの変わりように呆然とするしかありませんでした。
一応、おしゃれ着用洗剤は使っていたのですが、手洗いにせずに洗濯機を使ったのがよくなかったのだと思います。
それで元通りにする方法はないかとネットを調べたところ、髪用のリンスで洗えば元に戻るらしいことが分かりました。

早速やってみようと準備をしようとしたら、残念なことに当時使っていたリンスには、肝心の縮んだ繊維を元に戻してくれる成分が入っていないことが発覚。
それで結局、その時はとりあえずリンスで洗うのは見送ることにしました。
が、見送った結果、ずるずると時間が経ってしまい…冬が終わり、季節も変わればセーターのことなどすっかり忘れて、季節が一周してしまったのでした。

寒くなって衣替えの整理をしていると、あのセーターを発見しました。
そして去年はできなかったあの方法を試してみることにしたのです。
さすがに1年も経っているのに有効なのかな…とも不安もよぎりましたが、このまま先延ばしにして最終的に捨てることになるなら、と踏み切りました。
今回は肝心のリンスについては、前に買い替えた時に例の成分が入ったものを買っていたので問題ありません。

手順は、リンスをしっかり溶かしたお湯に漬け、脱水した後、陰干し。
陰干しする際には、伸びるように手で伸ばして、乾かしている最中も何度か伸ばすようにしました。

そして結果はめでたく、イラストのように見事に元の大きさに戻すことができたのです!
ただ袖については長さは戻ったものの、太さが戻ってなくてきつかったのですが、これも着ているうちに少しずつ伸びてきて気にならなくなりました。(段ボールなどで型紙を作って、服を着せて乾かすという方法もあるようなので、それだったら袖もうまく伸びるのかもしれません)

そういうわけで、一年越しでお気に入りのセーターが復活し、思う存分着まわせている今年の冬は去年よりも心持ちも暖かでほかほかとしております。

広告を非表示にする